活動報告

2020/06/21

Thanks father’s Day

今日は、父の日。緊急事態宣言が解除され、徐々に経済活動も再開されつつあります。三密を避け、短時間だけ、久しぶりに家族で外食に行きました。娘(小学3年生)の休校期間と、4月議会 5月議会が重なり、家族と向き合う時間のない壮絶な毎日でした。母業(育児)も、妻業(家事)も、娘業(介護)も、やるべき事がこぼれ落ち、押し寄せる焦燥感…。娘と向き合う時間が増え、必然的にストレスを溜めた主人とは、いつも以上に沢山喧嘩をしました。家族の理解と協力がなければ、子育て期の女性は働く事ができません。女性活躍は、「女性だけが頑張るもの」ではなく、「男性と共に取り組むべきもの」である事を、心から痛感する数ヶ月でした。コロナウイルスと共に浮上した様々な社会問題を、「他人事」ではなく「自分事」として向き合う貴重な機会を得た数ヶ月。子育て世代、共働き世代の核家族夫婦にとって、学校の先生方や地域の皆様のお支えが、いかに心強いかを体感する毎日でもありました。緊急事態宣言中の活動自粛により、地球温暖化ガスの排出量は急減。感染症対策により、教育機関ではオンライン授業が急速に前進。企業ではリモートワークが進み、より効率的な働き方が可能に。解決を後回しにしてきた社会問題が、新型コロナウイルスによって強制的に「自分事」となり、以前では考えられなかったスピードで、社会変革が着実に実行されつつあります。まもなく、7月議会が開会されます。この間、沢山の皆様の相談に乗らせて頂き、貴重なご意見を頂きました。皆様のお声を、必ず京都市政に届けます。引き続き、市民の皆様の生活に寄り添った深い議論を進めてまいります。

京都市会議員 豊田 恵美